筋トレすべき理由!メンタル改善の効果が高すぎる!

皆さんは筋トレのメンタルへの効果を知っていますか?

「筋トレするとメンタルって鍛えられるの?」

「メンタルを鍛えるとどんな効果があるの?」

このような悩みに答えていきます。最初に言うと筋トレはメンタルをバチバチに鍛えます。

 

この記事を読むと

  • 筋トレがメンタルを鍛える理由
  • メンタルを鍛えるとどんな効果があるのか
  • メンタルを鍛える筋トレ方法

が理解できます。

 

私はこれまで数年間筋トレを継続してきました。その経験から筋トレのメリットを感じています。

Twitter

 

今回は筋トレのメリットのなかでも「メンタル」に焦点を当てて自分なりの意見をまとめてみました。

結論として筋トレはメンタルを鍛える最強の趣味といえます。単純にカラダを変えたい人以外にメンタルも鍛えたい人は是非、記事を見てください。

 

筋トレがメンタルを鍛える理由

markusspiske / Pixabay

筋トレのメンタルへの効果は科学的に証明されている部分も多いです。代表的なのが筋トレを行ってホルモンが分泌されることでメンタルへの良い効果が生まれるとされています。

 

具体的には

  • 自信がつく(テストステロン)
  • 幸せを感じられる(ドーパミン)
  • 不安感を軽減する(セロトニン)

などの効果が期待できるのです。

今日はメンタルに効果的なホルモンを3つ解説します。

 

テストステロンで「自信がつく」

Pexels / Pixabay

ひとつめはテストステロンです。有名な男性ホルモンで聞いたことがある人もいると思います。男性らしさを高めるホルモンなので筋肉やひげの濃さなどに関わっているのも特徴です。

メンタル面の効果を一言でいうと「自信が湧いてくる」といわれています。筋トレをするとテストステロン値が優位に高まり自信に繋がるのです。

 

テストステロン値が高いと良いことだらけ!

テストステロンの効果として挙げられのは

  • 自信がつく
  • やる気を高める

などの効果があるといわれています。

例えるならば人間のカラダにとって「ガソリン」の様な存在。筋トレをしてテストステロン値が高まると「仕事でチャレンジする!」「女の子にモテるために頑張る!」のようにエネルギーに満ちた行動に移せる人間になれる可能性があります。

もちろん思っているだけでは実現しませんが行動を後押しするスイッチのような役割を果たしてくれるかもしれません。

 

ドーパミンで筋トレ後の「幸せを感じる」

Alexas_Fotos / Pixabay

ドーパミンは大きな仕事や美味しい食事の後にも分泌するホルモンで「快楽を感じることができる」ホルモンです。

筋トレはドーパミンの分泌を促す効果があるといわれています。

 

やったことある人は共感できると思いますが、筋トレ後って理由はないけど「なんか良い感じだな。」と思いませんか。これはドーパミンが分泌されて幸せを感じているからです。筋トレにハマっていく人はこの幸せな感覚がやみつきになってしまうのですね。

原理はギャンブルと一緒ですが筋トレの場合はやりすぎなければメリットが大きいので気にせずいきましょう。

 

ドーパミンがでると筋トレも継続できる!

またドーパミンは幸せな気分になるといいましたが活用すれば筋トレを習慣にする効果も期待できます。

ドーパミンによって幸せを感じることを繰り返していると人間は「またこの作業をしたい!」と脳から命令が出るようになります。つまり筋トレを何度か繰り返せば自然に継続してしまうのです。

「でも筋トレ続かない人多いよ。」という意見はあると思いますがそもそも数回も継続して行けてないのではないでしょうか。成果が見えにくい趣味であるため動機付けがないとなかなか続きません。

続ける一番のコツは「取り敢えず筋トレする環境を作ること」です。ジムに行くなら道具を事前に準備したり自宅でいつでも筋トレできる環境を整えるのも効果的です。筋トレはやり始めるまでが一番気持ちのカロリーを使います。やりだせば何だかんだ頑張るんじゃないですか?

詳しくはこちらの記事でも解説していますので最初の1歩を踏み出す参考にしてください。

404 NOT FOUND | たぬきちの筋トレ部屋
ボディメイク・筋トレ初心者の方に向けた情報発信をしています。特に筋トレの考え方・サプリメント(マイプロテイン)のことを中心に書いています。

 

何度か継続できれば後は筋トレをしてドーパミンをドバドバ分泌しましょう。勝手に筋トレしたくて仕方なくなります。

 

セロトニン

geralt / Pixabay

最後はセロトニンです。このホルモンは「不安感(うつ症状)を軽減する」効果があるといわれています。精神の安定を司り、「幸福ホルモン」とも呼ばれます。

筋トレでセロトニンの分泌を促進することでストレス耐性を上げて不安感を軽減する効果が期待されるのです。

 

セロトニンでうつ予防!

セロトニンはストレスを受けると働きが弱まるといわれますが、セロトニンの増減は「うつ」と関係しているといわれています。つまり、筋トレをしているとセロトニンが分泌されてうつの予防に繋がる可能性があります。

確かに、メンタル的に参っている人は「うつなのに筋トレする余裕なんかないわ!」と思われるかもしれません。確かにうつの重症度によっては筋トレではなく医療機関を受診して適切な対処を行うと考えます。

しかし「何となく気持ちが重い...。」というような方はうつを予防する意味でも筋トレをしてセロトニンを分泌しましょう。やってみると分かりますが筋トレ後は「まぁ何とかなるな。」という気持ちになります。少なくとも私は。

筋トレで全てが解決するとは言いませんがひとつの手段として利用してはどうでしょうか。

 

筋トレによってメンタルを鍛える効果

lukaszdylka / Pixabay

続いてメンタルが鍛えられることで得られる成果について解説しています。

主に3つ挙げられます。

  • 仕事で成果をだせる
  • 健康になる
  • モテる(かも)

それぞれ解説します。

 

仕事で成果をだせる

Free-Photos / Pixabay

仕事でハイパフォーマンスを残すにはメンタルの重要性はご存じの通りだと思います。

筋トレによって

  • 単純に頑張ることで鍛えられるメンタル
  • 脳からホルモンの分泌により鍛えられるメンタル

があります。この両輪によってハイパフォーマンスに繋がると考えています。

 

メンタルは「行動力」に繋がる!

具体的なパフォーマンスupとして「行動力」の向上に繋がると推察しています。

仕事だけではありませんが行動力は仕事で成果を出すうえでマストの能力です。そして実際に行動するのに大切なのは体の強さよりもメンタルではないですか?

「こんなこと言ったら嫌われるんじゃないか。」「もっと考えてから提案しよう。」など1歩が踏み出せずチャンスを逸してしまうことが誰しもあると思います。私もそうでした。

しかし、メンタルが鍛えられると「取り敢えずやってみよう!」の精神で1歩踏み出せるようになるのです。このブログも仕事しながらやるのは正直大変です。それでも「やってみよう!」と思えたからここまで続いているのです。

これは筋トレでメンタルが鍛えられて「行動力」が身に付いた証だと思っています。

 

健康になる

Free-Photos / Pixabay

2つめは健康になることです。これはメンタルヘルス(精神的な健康)の観点から健康になれると考えています。

先程述べたホルモンの効果によってうつなどの疾患の予防に繋がることは科学的に証明されています。

 

日本人で働く人々のうつ病率は10%といわれています。「うつ病と診断されたことがある人の割合」なので実際の人数とは異なる可能性がありますがそれほど身近な病気なのです。

出典:https://news.mynavi.jp/article/20150309-a372/

 

現在、風邪予防として当たり前のようにうがいや手洗いをしていますが、これからはうつ予防に筋トレの時代が来ると思います。ストレスだらけの複雑化した現代社会では精神的な健康の面から筋トレを習慣化していきましょう。

 

モテる(かも)

ambroo / Pixabay

最後はモテることです。

「かも」にしたのは筋トレだけでモテるほど甘くないからです。しかし、筋トレによって得られる効果がモテを促進する可能性は充分あります。

 

テストステロンはモテホルモン?

先程述べたテストステロンは男性ホルモンと呼ばれています。実はこのテストステロン値が高いとモテやすいことが知られています。

女性は無意識にテストステロン値が高い男性に「異性としての魅力」を感じると言われています。

「ウソでしょ。」と思われるかもしれませんが男性の立場からも

「顔は大したことないけど、何かあの女性魅力的だな。」「何となく良い匂いだな。」

と思うことありませんか。女性も同じような感覚で魅力的な男性を見分けているのです。(たぶん)

 

筋トレをしてテストステロン値を高めるとモテる男に少しでも近づきましょう!

 

メンタルを鍛えるにはどんな筋トレをすれば良いのか

efes / Pixabay

最後にどんな筋トレが良いか解説していきます。

結論としては「週2~3回のウエイトトレーニング」がオススメです。

 

週2~3回ウエイトトレーニングをしよう

週2~3回のウエイトトレーニングの理由は「筋肉の成長に効果的」だからです。まず筋肉の成長が何故メンタルを鍛えるかというと、筋肉量が多い方がホルモンの分泌が多いものもあるからです。ただ走ったり・腕立て伏せをやるよりは重りで刺激を与えて効率よく筋肉を成長させる方が結果的にメンタルも鍛えられるのです。

 

また最近の研究から筋肉の成長には筋トレの頻度が大切といわれるようになってきました。カラダの各部位に週2回程度の刺激が良いそうです。1週間に1回でも効果はありますが効率よく成長させるなら週に2~3回がオススメ。

 

「自重でも十分効果出てる人いるよ!」という意見はあると思います。それはモチロンですが自重でも成果を出すには相当な根気が必要です。重量が増えない分回数やセット数などを増やすのでかなりキツイと思われます。

 

そのため、週2~3回のウエイトトレーニングを通してカラダも心も鍛えていきましょう。

効率の良い筋トレについては知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

筋肉を効率よく成長させる筋トレのキホン!【筋トレ初心者向け】
筋トレ初心者の方は具体的な筋トレ方法が分からない方も多いのではないでしょうか? 「筋トレしたいけどやり方が分からない!」 「筋トレはどんなメニューでどれくらいの回数・頻度でやれば良いのだろう?」 このような疑問を持たれてい...

 

折角、筋トレするならプロテインを飲むとより効率的です。気になる方は下からどうぞ。

【コスパ最強】マイプロテインのプロテインをオオスメするしかない理由 【 Impact ホエイプロテイン】 | たぬきちの筋トレ部屋
マイプロテインのImpactホエイプロテインについて解説しています。

 

まとめ

今回は筋トレによるメンタルの鍛える効果を解説してきました。まとめると

  • 筋トレするとホルモンが分泌されて自信がついて、幸せを感じ、不安が少なくなる!
  • メンタルを鍛えると仕事で成果を出したり、健康やモテに繋がるかも!
  • メンタルを鍛えるために筋トレするなら週2~3回のウエイトトレーニングがオススメ!

となります。皆さんも筋トレを通してメンタルを鍛えて厳しい現代社会を乗り切りましょう。

 

コメント